脂肪肝に有効な成分ははっきりしていない

 

脂肪肝の治療は「食事療法」と「運動」が中心となります。中にはビタミンEなどの治療も行われますが、確定的な効果があるものはまだないようです。

 

同様に、一般的に肝臓に良いとされるウコン(クルクミン)・オルニチン・ヘパリーゼ(肝臓水解物)・セサミン・タウリン・コエンザイムQ10などが脂肪肝に有効かどうか充分な検証は見当たりませんでした。

 

PubmMedなどを使えば自分で世界中の論文を探すことができるので、気になる方は調べてみて欲しいです。

 

”研究段階”とされながらも、脂肪肝の改善の可能性に期待できるのは「ベタイン」や「オメガ3脂肪酸」です。

 

ベタインとは?

 

ベタインはアミノ酸の一種でたこや蟹に多く含まれています。プロテインによく含まれていて、シャンプーや化粧品に入っていることも。わかさ生活のHPにわかりやすくまとめられていたので紹介します。

 

残念な事にベタインを含むサプリは見当たらず、プロテインの場合摂取カロリーが増えるため脂肪肝にとっては逆効果かもしれません。

オメガ3脂肪酸とは?

 

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の1つで、エゴマなどの植物性油脂に含まれているα-リノレン酸、魚類に多く含まれるDHA・EPAの総称です。

 

特にDHA/EPAが中性脂肪を減らすことは複数の信頼性の高い研究で効果があることが証明されていて、

 

そもそも脂肪肝は肝臓内の中性脂肪が30%を超えて大量に溜まった状態のことを指すわけで、関連性が近いものでは?と思います。

 

参考:Omega-3 supplementation and non-alcoholic fatty liver disease: a systematic review and meta-analysis.

 

脂肪肝に確実な成分が見つかっていないのは非アルコール性脂肪肝(NAFLDやNASH)の解明が進んでいないためです。

 

アルコール性脂肪肝の場合でも生活習慣や食生活の積み重ねなど原因が複合的なため、1つに頼った予防・対策はよくないでしょう。

DHA・EPAってどんなもの?

 

DHA・EPAは魚類(特に青魚)に含まれる成分です。ともにはたらきも効果もよく似ていますが、

 

・両方を同時に摂取することで相乗効果がある
・DHAは体内でEPAからつくられるため、EPAをしっかり補っていれば、DHAが不足することはないと言われている

 

という違いがあります。

 

医療の世界ではEPAの方が先に注目されたため、医療品としてEPA純品はあってもDHA純品はありません。EPAの方が薬理作用も明確になっています。

 

DHA/EPAの効果

 

・中性脂肪を減らす
・血液凝固を防ぐ(脳梗塞や心筋梗塞の予防)

 

よく「血液をサラサラにする」といった表現を見かけますが、これは「血液凝固を防ぐ」効果を広く解釈した形です。
(必ずしもいいものではない)

 

また、「頭をよくする」効果に科学的根拠はありません。

 

DHA/EPAの摂取用量

 

・厚生労働省が示す目標摂取量は1日1000mg。
・魚で効率良く摂取するには「生食」が基本
・生で食べることができない場合、ムニエルにしたり、ホイル焼きにすることで流れ出た脂を野菜や小麦粉が吸いとってくれて、無駄なく摂取できます。

DHA/EPAサプリメントおすすめは?

サプリメントの形にこだわりがなければイマークSがおすすめです。

018

イマークSの特徴

 

・特定健康用食品(トクホ)
・DHA・EPA合わせて860mg(EPA600mg)
・イマークSとプラセボ飲料を用いて行った実験によると、摂取後4〜12週でに中性脂肪が約20%低下したという報告あり。
参考:ニッスイ公式サイト

 

イマークSよりDHA・EPAの含有量の多いサプリメントは見当たりませんでしたが、DHA・EPAは酸化しやすいとも言われます。

 

確かに不飽和脂肪酸は脂肪酸の中でもとても酸化しやすく、生魚から摂取する場合気を付ける必要がありますが、サプリメントの場合どうなの?というところ。

 

もし酸化を気にするならば、酸化防止剤にも含まれていて抗酸化作用の高いビタミンEを同時に摂取するか、ビタミンEを配合している佐藤製薬の美健知箋EPA&DHAなどがいいと思います(DHA550mg+EPA200mg)

 

コスパ比較・その他のサプリ選び

 

イマークSは初回10本1000円で、その後は1日あたり250円。安くはないです。

 

美健知箋の場合、面倒な手続きを踏むことでかなり安くできます。初月解約可能の定期コースに申し込むことで、初月1000円、もしくは2か月分5980円。しつこい勧誘はありませんが、定期コース解約には電話かメールで連絡する必要があります。その後は1日あたり150円ほど。

 

その他サプリを選ぶ際はEPAの量に気を付けると良いと思います。DHA.・EPAサプリと書いてあってもDHAばかり含まれている商品が少なくない。

 

言うまでもなく安全面への配慮も必要です。個人輸入はやめましょう。

 

いつ飲むと良いの?

 

空腹時は吸収率が低いとされています。

 

副作用はあるの?

 

基本的に自然由来の成分であるため、適量であれば安全です。

 

良くも悪くも血液をサラサラにする効果があるわけで、過剰摂取は血が固まりにくくなり、出血が止まらなくなる場合があります。

 

1日3g以上の摂取は血小板凝集を抑制する。ことが明らかになっています。

 

また、血液凝固抑制薬とともに摂取することはタブーです。
(ブラビックス錠など)